カテゴリから検索

地域、企業名入力検索

BEST BEAUTY COORDINATOR OF THE YEAR
はじめに

いま、美容サロンは大きな変化のなかにあります。もっとキレイになりたいというお客さまの願いが、美容サロンをただヘアスタイルをデザインするだけの所からトータルビューティを実現する場へ、という期待として高まってきているからです。昨今、ネイル、スパなどをメニューに取り入れる美容サロンが増えてきました。それは、そうした期待に応えようという美容サロン側の姿勢の表れでしょう。しかし、新たな技術をメニューに取り入れて、施術者をサロンに配置する…、それだけで、美容サロンはお客さまの願うトータルビューティを実現する場所になれるのでしょうか。

こうした時代の変化に応えるためには、ヘア、メイク、ネイルなどの技術の品質をこれまで以上に 高めることはもちろん、お客さま一人ひとりのトータルビューティをコーディネートし、広くライフスタイルまで含めた提案を行なっていくことで、美容サロンを”お客さまが、本当の意味でキレイになれる場所”へと高める必要があるでしょう。そして、その実現がお客さまのなかでのファンの増加と来店頻度の高まりとして結果するとき、激しい競争のなかでの美容サロンの生き残りも果たせるのだと思います。

そのためには、必ずしもスタイリストという技術的な立場に限定されることなく、お客さまの幅広くまた深いご要望を引き出し、適切なアドバイスを行うとともに、職場という観点からはスタッフ全員の心を一つにまとめてサロン・ホスピタリティを醸しだし、お客さまに快適な時間を過ごしていただくため、場づくりに主導的な役割を果たす、そうしたポジションがサロンには不可欠となるでしょう。

それが、『ビューティ・コーディネーター』です。

ビューティ・コーディネーターは、美容サロンがトータルビューティ実現の場所へと向かおうとするなら、早急に育てていかなければならない職種であり人材です。JBCAは「ビューティ・コーディネーター検定」の運営をはじめ、各種講習の実施や美容サロンのスタッフ教育サポート、接遇コンテストや経営セミナーとさまざまな事業を展開することにより、お客さまにとってはサロンの顔ともなるスタッフを育て、そしていずれはそこからサロンオーナーが続々と輩出してくる、そうした総合的な人材養成の構想実現に向けて大きく第一歩を踏み出しました。業界全体が活性化し、人材の質がますます高まっていくことに大きな期待を寄せながら、普及活動を続けていこうと決意しています。

NPO法人 日本ビューティ・コーディネーター協会

理事長
谷口 誠治


このページのTOPへ