各種お申込み 受験お申込み お問い合せ

NPO法人日本ビューティ・コーディネーター協会|JBCA

BEAUTY COORDINATOR 「ビューティ・コーディネーター」 とは

JBCAにおける「ビューティ・コーディネーター」とは、 美容施術者とお客さまの
「架け橋」
となる存在です

大きな変革の岐路にさしかかっている美容業界。
激しくなる価格競争・多様化する美のニーズへの対応などの要求に応えるためには
お客さま一人ひとりのトータルビューティをコーディネートし、
広くライフスタイルまで含めた提案を行っていく場所に、美容サロンを高めていく必要があるでしょう。

スタイリストやアイデザイナー・
ネイリストたちの専門知識も、
単体では相乗効果を生みません。

『幅広い専門知識を束ね、
一人ひとりに最適な提案へと
コーディネートすること』

それが、ビューティ・コーディネーター
最大の役割と効果と言えます。

美容サロンがトータルビューティ実現の場所へと
向かうためにも、美容業界全体が活性化していくためにも、
重要で不可欠な職種であり人材なのです。

ROLE

サロンにおける役割

  • サロンを
    「トータルできれいになる場所」へと
    導く存在

    幅広くまた深いご要望を引き出し、健康な身体の知識と
    美容全般の知識をアドバイスできる

  • フロアをマネジメントしていける人材

    ・トータルビューティなどへの誘導 ・売上への貢献
    ・お客さまをファンにすることができる対応力
    ・お問い合わせから予約に結び付ける提案力

ビューティ・コーディネーターは、
お客様のトータルビューティアドバイザーとして
あらゆるニーズに応えられる人材を育成する資格です。

SEVEN POWER

7つの力

ビューティ・コーディネーターに
必要な7つの知識・スキルをご紹介します!

01

美容知識

ヘアビューティ、アイビューティから健康まで、大人の女性に対するトータルビューティの視点から、健康な身体の知識をベースにした美容の提案ができること。
美容基礎知識 健康な体の知識 カラーコーディネート
02

カウンセリング力

まずは「安心感」をつくること、課題から解決方法のご提案をプロとしての進言をしていきながら、最終的にお客さまの希望以上の状態に仕上げることを目的としています。
トータルビューティメニューの理解 対人行動タイプ分析 次回予約の推進
03

ホスピタリティスキル

ホスピタリティとは何かを理解し、電話対応力・接遇力・コミュニケーション能力をもって相談しやすい雰囲気づくりができること。
おもてなしの心 クレーム対応力・接遇マナー 時事・社会的知識
04

アピアランス

存在感を第一印象で認知していただける身だしなみ、ファッショントレンドの理解と実践、好感度を高めるための所作を身につけること。
ファッション分析 身だしなみ
05

店販商品セールス

適切なお手入れ推奨品の選定ができる商品知識と販売管理力、セールストーク、ディスプレイの技術や知識。
美容商品知識
06

顧客データ管理

カルテ内容、次回予約、来店サイクルなどの管理を的確に行い、美容施術者へのアドバイスが行えること。
売上分析 顧客とスタッフのマッチング
07

美容施術者との
パートナーシップ

美容施術管理者と、重点顧客や育成客などの情報を共有し、より生産的なコミュニケーションを図っていける力。
リーダーシップ プロモーション・SNS戦略 スタッフ別データ作成

CAREER PATH

キャリアパス

ビューティ・コーディネーターの
キャリアパスプランの一例をご紹介します。
  • STAGE 1






  • キャリアパス

    STAGE 2

    ジュニア
    ビューティ・
    コーディネーター

    パーソナルスキル

  • キャリアパス

    STAGE 3

    ビューティ・
    コーディネーター

    パーソナルスキル

    サロンオペレーション

  • キャリアパス

    STAGE 4

    トップ
    ビューティ・
    コーディネーター

    パーソナルスキル

    サロンオペレーション

    トータルビューティ
    カウンセリング

  • キャリアパス

    STAGE 5

    マネージャー

    サロン・マネジメント

キャリアパス